和柄で一気に雰囲気変わる【ガラガラ和柄でおしゃれ】

Japanese clothes

成人式の着物

Japanese cloth

成人式のファッションとしてすっかり定着した振袖。これは、レンタルで調達することが出来ます。購入するよりも安く利用できるため、思いっきり可愛くてゴージャスなものを、着ることが出来るのです。

Read More

好きな色を選ぶ

Japanese cloth

成人式で着る振袖を選ぶときには、自分の好みの色や柄を選ぶ事ができます。最近では、ネットやホームページなどで見ることができるので直ぐに予約をとることができます。また、早めに予約を取ることが大切になります。

Read More

振袖のレンタル

Japanese cloth

20歳は一生に一度。成人式の日には振袖で可愛く仕上げたい。でも、振袖って高い…そんなときに利用すべきなのがレンタルサービスです。一生に一度の着物だからこそ、レンタルがお得なのです。

Read More

人気の柄

Japanese cloth

日本の美意識の集大成である和柄

和柄は一般的に文様(もんよう)を意味し、この文様を図式(パターン)化して、規則正しく並べたものを言います。デザインの起源は奈良・飛鳥時代に遣隋使・遣唐使を派遣した際に、隋と唐に流通していたファッションとデザインを持ち帰り、後の平安時代前期に大きな影響を与えたと言われています。そこへ平安時代中期以降に、日本独自の自然観と美意識が加わり、アレンジされ、後期には日本独特の和柄へと変貌していき、現代へと受け継がれていきました。文様には波や流水を表す「自然」、松竹梅や桜などの「植物」、蝶や金魚に鶴といった「動物」、扇に亀甲や果物を様式化した「慶事」のモチーフがあり、どれも平安・繁栄・長寿・慶事・時候の挨拶を美事に表しています。他にも邪気を払う破魔矢という意味のある「矢絣(やがすり)」があります。

海外における人気の高さ

和柄は日本国内だけでなく、世界中にも人気があります。例えば1860年代にフランスの名高いブランドが「市松模様」にヒントを得たモチーフを考案し、大変な話題となりました。なぜここまで人気なのかというと、日本人独特の自然観が織り込まれた高いデザイン性と、文様一つ一つに必ず意味合いが込められていること、そして欧米にはないオリエンタルな雰囲気に魅せられているようです。海外の方々が日本のお土産を購入する際、着物や扇子、風呂敷のような和柄が入っているものを選ぶことが多いですが、最近では万年筆やボールペン、ノートにメモ帳といった文房具や、ジャケットにスニーカーなど、本来和柄とは無縁のイメージの品々にも和柄を使ったものに人気があります。